村上春树新书谈及“南京大屠杀事件”

村上春树新书谈及“南京大屠杀事件”

图注:村上春树新作关于“南京虐殺事件”的部分

日前,村上春树新书《骑士团长杀人事件》在日本发售。书中提及日本军队在南京的大屠杀,引起了日本舆论很多的讨论。有激进者甚至指责其“想通过奉承支那人获得诺贝尔奖”(村上はノーベル賞がほしくて支那人に媚びるのか)。

以下是村上春树新书的日文原始表述:

その年の十二月に何があったか?

「南京入城」と私は言った。

「そうです。いわゆる南京虐殺事件です。日本軍が激しい戦闘の末に南京市内を占拠し、そこで大量の殺人がおこなわれました。戦闘に関連した殺人があり、戦闘が終わったあとの殺人がありました。日本軍には捕虜を管理する余裕がなかったので、降伏した兵隊や市民の大方を殺害してしまいました。正確に何人が殺害されたか、細部については歴史学者のあいだにも異論がありますが、とにかくおびただしい数の市民が戦闘の巻き添えになって殺されたことは、打ち消しがたい事実です。中国人死者の数を四十万人というものもいれば、十万人というものもいます。しかし四十万人と十万人の違いはいったいどこにあるのでしょう?」

もちろん私にはそんなことはわからない

中文翻译:

那一年的十二月发生了什么?

“南京入城”,我说。

“是的,所谓的南京大屠杀事件。日本军队在激战后占领了南京市,杀了很多人。包括战斗中的杀人,战斗结束后的杀人。日本军队没有管理俘虏的能力,杀死了很多投降的士兵和市民。究竟有多少人被杀害,细节问题上历史学者之间存在争议。无论如何,大批市民因战争而被杀是无法否认的事实。中国人死亡的数量,有四十万人之说,也有十万人之说。但四十多万和十多万的区别在哪里呢?”

我不知道这有什么区别。

(感谢josephjiang的翻译)

村上春树新书谈及“南京大屠杀事件”

图:村上春书新作

正文已结束,您可以按alt+4进行评论

热门推荐

看过本文的人还看了

[责任编辑:xuchen]